ねこぶだし梅沢富美男の通販で人気!レシピも増えると口コミで評判

梅沢富美男さんがテレビの人気通販番組「美味いもの市」で紹介してて
お馴染みの「ねこぶだし」。

「ねこぶだし」を入れるだけでレシピのレパートリーも増え、お味噌汁や
浅漬けなど料理の味がバツグンに美味しくなると口コミでも評判です。

ねこぶだしの人気の理由を、実際に購入した人の口コミを見ながら紹介していきます。

日高昆布の根昆布を使用したねこぶだし

日高昆布は北海道日高地方で取れる昆布になりますが、日高昆布の中でも
栄養と旨味が詰まっているのが根昆布なんです。

その根昆布に昆布エキス・鰹節エキスが絶妙なバランスでブレンドされて
出来上がったのがねこぶだしです。

濃縮タイプの液体昆布だしだから、使い勝手が良く何にでも使えます。

◆ボトルがリニューアルして更に使いやすく!

以前のボトルは瓶を使用していましたが、新しいボトルにリニューアル☆

リニューアルしたことで重さが約4割も軽くなりました!

容器が柔らかくなったことで、軽く握るだけで適量を出すことが
できるようになったっていうのが良いですよね。

更に容器にはもう一つの嬉しい仕組みがあるんです!

中身が減るにつれて内袋が縮んで、中身が空気と触れにくくなっているので、
酸化を防止してくれます。

だから最後の一滴まで美味しさはそのままです。

ボトルタイプで軽くなって、使いやすいってのは消費者側からすると
とっても助かりますよね。

◆ねこぶだしでレシピが広がって料理上手に!

濃縮タイプだから適量を料理に入れるだけで、いつもの料理の味が
ワンランクグレードアップします。

ねこぶだしを「かける」
ねこぶだしを「入れる」
ねこぶだしで「漬ける」

自由な味付けで料理の旨味を増してくれます。

ねこぶだしがあるだけでレシピが豊富になり、料理の幅が広がります。

ねこぶだしを購入すると、1箱に1冊「ねこぶだしレシピ付き」の冊子がついてきます。

使いやすい調味料として利用しやすいように、レシピ本には代表的な50品が掲載されています。

これを見れば、更に料理上手になれるかもしれませんね^^

ねこぶだしの口コミと評判

実際にねこぶだしを購入した人の感想や口コミをみていきたいと思います。

・野菜炒めやゴーヤチャンブルー、卵かけご飯、浅漬けなど何にでも使えるので重宝しています。ねこぶだしのおかげで料理が楽になりました。

・お味噌汁に入れたり、お醤油の代わりに使ったりと色々使用できて味もとっても美味しくて家族みんなのお気に入りです。

・結構塩味が強いので加減して使用していますが、購入するのは今回で12回目です。ニューボトルになって使いやすくなりました。

・テレビの通販番組で梅沢富美男さんが美味しいと連発しているのに誘われて購入しましたが、娘や孫も美味しいと気に入ってくれました。

・とにかく美味しいの一言です。卵焼き・炊き込みご飯などホントに役立っています。ねこぶだしを使い始めてから塩・醤油の使用量がかなり減りました。送料無料だともっと嬉しいのですが・・・。

・酢の物に入れると味がマイルドになるし、卵焼きに入れると出汁が効いて本当に美味しくなります。

・他の白だし等を色々使ってみましたが、このねこぶだしが一番美味しいです。面倒な時はこれで出汁代わりに使っています。手間いらずで美味しくて言うことなしです。

・料理に使うと料理の格があがるようです。

・梅沢富美男さんのおすすめは間違いないと思い購入しました。1年間の賞味期限も最初は心配しましたが、あっという間に使ってしまいました。もうこれなしじゃ生きていきません(笑)

・本当に万能調味料だと思います。お湯で薄めて昆布茶にしても美味しいく飲めます。

・料理好きの父がテレビの通販番組で見てずっと気になっていたようだったので誕生日にプレゼントしたら、すごく喜んでくれました。

ねこぶだしの口コミや感想を見てみましたが、5点満点で4.68点の高評価を
得ているだけあって、評判通り美味しいと感じている人が多かったです。

ボトルが瓶から改良されて新しくなったのも評判が良いみたいですね。

ただ、1万円以上でないと送料無料にならないのが残念だ・・
という口コミを多く見かけました。

でも、送料がかかっても高いと思ってもどうしてもリピートしてしまうという
口コミもたくさんあったので、このへんからもねこぶだしの人気の高さが伺えました。

最後に

梅沢富美男さんがテレビの通販番組で紹介している人気の
北海道日高産のねこぶだし。

お味噌汁や卵焼き・チャーハンなど、色んな料理にかけたり入れたり、
レシピが広がり料理が美味しくなると口コミで評判です。

適量を入れるだけで本格的な出汁の利いた味が楽しめます。
気になる人は是非チェックしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする